菅官房長官「カジノ法案、国会の動きを注視」

   2014/12/22

カジノ解禁に向けての国会の動きは

菅官房長官

菅義偉官房長官は24日午後の会見で、カジノ解禁法案について公明党など与党の一部から慎重論が出ていることに関連して、次の用に発言した。

「IR議連や国会の動きがどうなるか、現在注視している」

菅官房長官は「カジノ法案は議員立法で提出されている。政府として国会のことであるのでコメントは控えたい」としたうえで「日本再興戦略2014で決定したとおり、関係各省庁で、まず様々な角度から政府として検討している」とした。

 

日本カジノ情報(JCI)のコメント

毎度のことだが、政府・国会は「検討」に入ってから遅すぎる。

震災復興を含め、重要事項を優先することにはなんら問題はないが、国会中継を見ていても「今それ話すことなのか?」という時間・発言があまりにも多い。

愚痴になってしまったが、カジノに関しては様々な方向に影響がある事項なので、時間をかけて審議していただいても構わないが、何かしらかの進展は早く見せてほしいというのが率直な気持ちだ。

【告知】

日本カジノ情報の「tsu」アカウントを作りました!

こちらでも交流をさせていただければ嬉しいです!

「tsu」についての説明はこちら

「tsu」無料会員登録はこちら

記事ページにコメント欄があるので皆様からもばしばし意見をよせていただきたいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。