ルーレットをプレイするには

ルーレットとは

ルーレット

ルーレットは、そのゲーム性の単純さから、誰でも参加できるゲームで、世界中のカジノで広く親しまれている。

また、見た目の華やかさから「Queen of Casino(カジノの女王)」と呼ばれている。

 

ウィールとレイアウト

1.ウィール(Wheel)

<アメリカンタイプウィール>

ルーレットウィールアメリカン

<ヨーロピアンタイプウィール>

ルーレットウィールヨーロピアン

ディーラーがウィールにボールを投げ入れ、プレイヤーはそのボールがどこに落ちるかを予測して賭ける。

ディーラーがボールを投げ入れいる際は、中心の突起部をひねってウィールを回転させ、ボールはウィールと逆の回転方向になるように投げ入れられる。

アメリカンタイプ(上)とヨーロピアンタイプ(下)の違いは、「00(ダブルゼロ)」があるかどうか。

カジノによって使用しているウィールのタイプは異なるので、賭けに参加する前に念のため確認しておこう。

以下は、アメリカンタイプにのっとって説明させていただく。

ウィールに描かれている数字は0・00・1~36。

赤と黒に分かれているのは、偶数奇数で分かれているわけではないのでご注意を。(10~11、18~19、28~29が色が連続している)

2.レイアウト(Layout)

<アメリカンタイプ>

ルーレットレイアウトアメリカン

<ヨーロピアンタイプ>

ルーレットレイアウトヨーロピアン

プレイヤーは、賭け金のルーレットチップをレイアウト上に置くことで賭けに参加できる。

ルーレットベット

賭け方や倍率の詳細はこちら

ウィールと同じく、アメリカンタイプとヨーロピアンタイプの違いは「00(ダブルゼロ)」があるかどうか。

カジノによって、多少のデザインの違いはあるものの内容はほぼ同じ。

こちらもアメリカンタイプにのっとって説明させていただく。

レイアウトに描かれているのは以下の内容。

ーーーーーーーーーーー

0・00(ダブルゼロ)

1~36

RED(赤)・BLACK(黒)

EVEN(偶数)・ODD(奇数)

1st12(1~12)・2nd12(13~24)・3rd12(25~36)

1~18・19~36

2to1(1+3n・2+3n・3+3n)(nは0~11の整数)

ーーーーーーーーーーー

自分の賭けたい数字(数字群)に対応した場所にルーレットチップを置き、賭けに参加する。

賭け方や倍率の詳細はこちら

 

ルーレットチップ

ルーレットチップ

ルーレットでは、ブラックジャックやポーカーなどで使われるチップは使わずに、各プレイヤーごとに色分けされたチップ(カラーチップ)を使用する。

理由は、ルーレットには他のカジノゲームのようにプレイヤーごとにべッティングボックス(賭け金のチップを置く枠)がなく、一つのレイアウト上で多くのプレイヤーがベット(賭け)をするため、誰のベットかがわからなくなってしまうため。

 

ゲーム進行の流れ

ディーラーが「Place your bets(賭けてください)」と宣言する。

各プレイヤーは各々のカラーチップをレイアウト上に置き、賭けに参加する。

ディーラーがウィールを回転させ、ボールを投げ入れる。

各プレイヤーはベットの変更や調整をする。(しなくても良い)

ディーラーが「No more bet(賭けの受付は終了です)」と宣言する。

ウィールの内側面をつたっていたボールの勢いが弱まって止まり、当選番号が決まる。

当選番号をディーラーが読み上げ、レイアウトの当選番号の位置にウィンマーカーが置かれる。

外れたチップは没収され、当たったプレイヤーには配当が支払われる。

清算が終わると、ウィンマーカーが回収される。

再びディーラーが「Place your bets(賭けてください)」と宣言し、次ゲームが開始する。