ポーカーをプレイするには

ポーカーとは

ポーカーとは

ポーカーは世界三大トランプゲームに数えられるほど、メジャーでその言葉を聞いたことのない人はほとんどいないであろうほど人気なカジノゲームの一つ。

アレンジゲームも数多く存在する。

日本においては、手持ちの5枚のカードの役で勝負する(ファイブ)ドローポーカーが主流だが、カジノにおいてはテキサスホールデムがプレイされることが多い。

ドローポーカーにご興味のある方はこちら(準備中)

スタッドポーカーにご興味のある方はこちら(準備中)

以下はテキサスホールデムについての説明。

テキサスホールデムポーカーは、フロップポーカーの1種で、場に開かれた5枚のコミュニティカードとディーラーから配られた2枚のホールカードの計7枚のカードの中での、最強の組み合わせでハンドの強さを決める。

2~9人程度のプレイヤー同士での勝負であり、ディーラーとは勝負しない。

 

テキサスホールデムの基本ルールと用語解説

1.ポジションを決める

ポーカーはブラックジャックやルーレットなどのようにディーラーやハウスと勝負するものではなく、プレイヤー同士で勝負するものなので、アクション(ベットやコールなどプレイヤー選択する行動のこと)の順番を決める必要がある。

仮に6人でプレイするとしたら、時計回りに1番をSB(スモールブラインド)・2番をBB(ビッグブラインド)・3~5番は名前なし・6番をBTN(ディーラーボタン)と呼ぶ。

2人でプレイする場合は2番がBB兼BTNになる。

ポジションはディーラーが決める。

1ゲームごとに時計回りに移動していくので、ずっと参加していれば全てのポジションを経験することになる。

また、SBの前には1ドル、BBの前には2ドルが置かれており、これはブラインドと呼ばれる、強制的に支払わなければならないチップ額を示している。

ブラインドの額はテーブルやハウスによって異なるので、事前に確認しよう。

BTNの前にはDと描かれた丸いものが置かれ、目印となっている。

 

2.カード配布

ポジションが決定した後、ディーラーが各プレイヤーにカードを配る。

配る順番はSBから時計回りに1枚ずつで、計2枚が裏向きに配られ、各プレイヤー固有のハンド(手持ちのカード)になる。

この2枚のカードをホールカードと呼び、テーブル上に表向きに置かれる3~5枚のカードをコミュニティカードと呼ぶ。

 

3.プレイヤーが選択できるアクション

プレイヤーは決められたタイミングで、自分のホールカードやコミュニティカード、相手の状況(相手のホールカードの中身は見れない)から判断してどのアクションをするか選択する。

テキサスホールデムでは「役の強さで勝つ」ことよりも、「相手を勝負から降りさせる(フォールド)」ことがとても重要である。

名前通り、「ポーカーフェイス」で相手に自分の手役の強さを悟らせず、相手の手役を読むことで勝負する。

何の役がなくても、相手に「良い役を持っている」と思わせられれば勝てるということだ。

これをブラフ(はったり・嘘の意)と呼ぶ。

・フォールド(ダウン)

ゲームから降りること。この時点で賭けているチップは没収され、カードはディーラーに返す。カードを表向きにする必要はない。

・チェック

チップを追加せずに次のプレイヤーにアクションを回すこと。そのラウンド内で自分より前のポジションのプレイヤーがレイズしている場合はチェックはできない。

・コール

自分より前のポジションのプレイヤーと同額のベットをすること。前のポジションのプレイヤーが合計10ドル、自分が5ドルをベットしている場合、コールするためには5ドル追加するということ。

・ベット

チップを賭けること。そのラウンド内で自分より前のポジションのプレイヤーがベットしていない場合にベットという。

・レイズ

他のプレイヤーの賭け額よりも上乗せして賭けること。手持ちのチップを全て賭けることをオールインと呼ぶ。

 

テキサスホールデムのゲーム進行の流れ

重要なポイント

各プレイヤーのベット額が同じになれば次のラウンドに進む。

勝負を決めるのは、役の強さだけではない。

各ラウンドの終了毎にベットされたチップまとめられる。(まとめられたチップの山をポットと呼ぶ)

 

1ゲームを構成する4つのラウンド

テキサスホールデムでは、ポジション決定・カード配布の後、大きく分けて4つのラウンドで1ゲームが構成される。

・プリフロップ

各プレイヤーに2枚のホールカードが行き渡った状態。

この時点ではコミュニティカードは置かれていない。

・フロップ

テーブルに3枚のコミュニティカードが開かれている状態。

・ターン

テーブルに4枚目のコミュニティカードは開かれている状態。

・リバー

テーブルに5枚目のコミュニティカードは開かれている状態。

以下、SBが1ドル、BBが2ドル、プレイヤーは6人と仮定して、解説をする。

 

1.プリフロップ

各プレイヤーが2枚のカード(ホールカード)を持ち、コミュニティカードは場に出ていない状態。

SBとBBはそれぞれ1ドル・2ドルのブラインドを支払っている。

プリフロップにおけるアクションはBBの次の3番目のプレイヤーから行う。

※プレイヤーが2人の場合はSBからとなる。

その理由は、SB・BBはブラインドという名の強制ベットをすでに行っていると見なされるから。

ここで、3番目のプレイヤーが選択できるアクションは次の3つ。

・フォールド:ゲームから降りる

・コール:BBと同じ2ドルをベットする

・レイズ:BBの2ドルに対していくらか上乗せしてベットする

※チェックはそのラウンド内で誰もベットしていない状態でしかできない。

4番目・5番目・BTNも同じくチェックはできない。

そして、次にSB・BBとアクションをする。

このアクションをオプションと呼ぶ。(SB・BBはブラインドという強制ベットをしているものの自由意思によるアクションをしていないので、プリフロップにおいてのみ特別にこう呼ぶ)

この順番でベット額が揃うまで、各プレイヤーがアクションをする。

ベット額が揃えばチップがポットにまとめられて、次のラウンド(フロップ)に進む。

※この時点で参加プレイヤーが一人になれば、そのプレイヤーの勝利となる。

テキサスホールデムにおいては、プリフロップの時点で大半が降りる(フォールド)場合が多い。

 

 

2.フロップ

プリフロップが終了すれば、ディーラーが3枚のコミュニティカードを場にオープンする。

そして、プリフロップとは違い、SB→BB→・・→BTNと順番通りにアクションを行う。

※降りているプレイヤーは飛ばす。

フロップにおいて、1番目にアクションするプレイヤーの選択肢は次の3つ。

・フォールド:ゲームから降りる

・チェック:ベットせずに次のプレイヤーにアクションを回す。

・ベット:ミニマムベット以上のチップをベットする。

2番目以降のプレイヤーは、自分より前のポジションのプレイヤーがチェックしている場合のみ、自分もチェックを選択できる。

それ以外の場合はフォールド・コール・レイズのいずれかを選択する。

この順番でベット額が揃うまで、各プレイヤーがアクションをする。

ベット額が揃えばチップがポットにまとめられて、次のラウンド(ターン)に進む。

※この時点で参加プレイヤーが一人になれば、そのプレイヤーの勝利となる。

 

3.ターン

フロップが終了すれば、ディーラーが4枚目のコミュニティカードを場にオープンする。

そしてフロップ同様、SB→BB→・・→BTNと順番通りにアクションを行う。

※降りているプレイヤーは飛ばす。

ここでのアクションの方法や流れはフロップと同じ。

ベット額が揃えばチップがポットにまとめられて、次のラウンド(ターン)に進む。

※この時点で参加プレイヤーが一人になれば、そのプレイヤーの勝利となる。

 

4.リバー

ターンが終了すれば、ディーラーが5枚目のコミュニティカードを場にオープンする。

そしてターン同様、SB→BB→・・→BTNと順番通りにアクションを行う。

※降りているプレイヤーは飛ばす。

そして、フロップ・ターンと同じ流れでアクションを行い、参加プレイヤーが1人になればそのプレイヤーの勝利となる。

2人以上のプレイヤーが残り、ベット額が揃えば、各プレイヤーがホールカードをオープンし、役の強さで勝負する。

これを「ショーダウン」と呼ぶ。

 

その他

アンティと呼ばれるゲーム毎の参加費が必要になる場合がある。