ブラックジャックをプレイするには

ブラックジャックとは

ブラックジャックとは

カードの合計点数が21を超えないように、より21に近付けた方が勝ちになるというカジノゲーム。勝敗については至ってシンプルであり、ルールも比較的覚えやすいため、非常に人気のカジノゲームの一つ。

ディーラー対プレイヤーの勝負であり、プレイヤー同士で勝負することはない。

始めに配られた2枚のカードの合計が21(Aと10orJ~K)であることをブラックジャックと言う。

 

ブラックジャックの基本ルール

1.勝敗

ハンド(手持ちのカード)の点数を21を超えないように、より21に近付けた方が勝ち。

点数が同じの場合は引き分けとなるが、ブラックジャックを出した場合は相手のハンドがブラックジャック以外の21であれば勝ちとなる。

配当はベット額と同額だが、ブラックジャックで勝利した場合は1.5倍、インシュアランスの場合は2倍となる。

2.点数の数え方

2~10はカードの数字通り

フェイスカード(J・Q・K)は全て10

Aはハンドの持ち主が1または11と決める

 

ブラックジャックの基本プレイ用語

1.ハンド

手持ちのカードのこと。

2.オリジナルベット

最初に賭けるベット(賭け金)のこと。

テーブルによってマキシマムベット(上限)・ミニマムベット(下限)が設定されている。

3.イニシャルツーカード

始めに配られた2枚のカードのこと。

4.アップカード

ディーラーに1枚目に配られた表向きになっているカードのこと。

2枚目に配られたカードは裏向きになっておりホールカードという。

5.ブラックジャック

イニシャルツーカードがAと10orフェイスカード(J・Q・K)である状態。

ブラックジャックの場合は相手のハンドがブラックジャック以外の21でも引き分けではなく勝ちとなり、オリジナルベットに対して1.5倍の配当がつく。

6.バースト

ハンドが21をオーバーしてしまうこと。それ以上カードは追加できない。

7.ヒット

ハンドにカードを1枚追加するアクションのこと。

テーブルを指で軽く2~3回叩くというハンドシグナルでディーラーに伝える。

8.スタンド(ステイ)

カードの追加をせず、その時点のハンドで勝負するアクションのこと。

テーブルに向けて手のひらを2~3回横に振るというハンドシグナルでディーラーに伝える。

9.ダブルダウン(ダブル)

オリジナルベットと同額またはそれ以下のベットを上乗せすることで、3枚目のカードを追加するアクションのこと。

ハウスやテーブルによっては、オリジナルベットと同額しか認めていない場合もある。

ハンドの3枚目のカードを引くときにしか使えず、それ以上カードを追加することもできない。

人さし指を立てるというハンドシグナルでディーラーに伝えることもできるが、ヒットと間違われないように「ダブルダウン(ダブル)」と声に出して言うことをおすすめする。

また、ディーラーの言葉が聞き取れず「なんていったの?もっかい言って!」などと言ってこのハンドシグナルをしないようにも気をつけよう。

チップを追加する際はすでに出ているチップの左側に置く。(基本的に全て右側から左側に流れる)

10.スプリット

イニシャルツーカードが同じ点数のカードである状態で、ベット額を倍にして(オリジナルベットと同じ額のベットを上乗せ)ハンドを2つに分割するアクションのこと。

分割後はそれぞれのハンドに対してヒットやスタンドなどのアクションを選択できるが、イニシャルツーカードがA2枚だった場合のみ、追加できるカードはそれぞれ1枚だけとなる。

人さし指と中指を離して立てる(Vサインの形)というハンドシグナルでディーラーに伝える。

チップを追加する際はすでに出ているチップの左側に置く。(基本的に全て右側から左側に流れる)

11.インシュアランス

アップカードがAである場合に、オリジナルベットの半額を上乗せすることでディーラーのブラックジャックに対する保険をかけるアクションのこと。

チップはインシュアランスゾーンに置く。

ディーラーがブラックジャックの場合のみ、インシュアランスのベット額に対して2倍の配当(オリジナルベットと同額)を得る。

オリジナルベットについては、通常通りゲーム進行する。

12.イーブンマネー

プレイヤーのハンドがブラックジャックで、かつアップカードがAのときに、オリジナルベットと同額の配当を得るアクションのこと。

ディーラーもブラックジャックの場合は、引き分けになってしまい配当を得られないので、確実に配当を得ることができる。

 

テーブルレイアウトの見方

ブラックジャックレイアウト

レイアウトはカジノハウスによって多少のデザインの違いはあるものの、内容は基本的に同じ。

1.プレイヤーズシートエリア

ディーラーがカードを配る位置。ここに「べッティングサークル」と呼ばれるチップを置くための丸い枠が描かれていることも多い。この場合はチップは自分のカードの下(手前)に置く。

2.ハウスルール

「BLACK JACK PAYS 3TO2」はハンドがブラックジャックの場合の配当は3to2(2賭ければ3の配当がつき手元に5残る)という意味。

「Dealer must stand on 17 and must draw to 16」はディーラーはハンドが17以上ならスタンド、16以下ならヒットのアクションを必ず選ばなければいけないという意味。

3.インシュアランスゾーン

インシュアランスにベットする際に、チップを置く場所。

「INSURANCE PAYS 2TO1」はインシュアランスの配当は2to1(1賭ければ2の配当がつき手元に3残る)という意味。

4.シュー

カードの束を入れておく箱。靴に形が似ていることからこう呼ばれる。

ディーラーはここからカードを1枚ずつ取り出し、ゲームを進行する。

5.ディスカードホルダー

ゲームで使用したカードを片づけるための箱。

6.チップラック

ディーラーがチップを整頓するためのもの。

 

ゲーム進行の流れ

ディーラーが「Place your bets(賭けてください)」と宣言する。

プレイヤーは自分のべッティングボックスにテーブルリミット内のチップをベットする。

ディーラーが「No more bets(賭けの受付は終了です)」と宣言する。

プレイヤーから見て右側(ディーラーから見て左側)から、カードを1枚ずつ配り、プレイヤーに1枚ずつカードが行き渡った後ディーラーにアップカードが配られる。

プレイヤーから見て右側(ディーラーから見て左側)から、カードをもう1枚ずつ配り、プレイヤーに計2枚のカードが行き渡った後ディーラーにホールカードが配られる。

プレイヤーから見て右側(ディーラーから見て左側)のプレイヤーから、ヒットやスタンドなどのアクションを選択する。
スプリット・インシュアランス・イーブンマネーが選択可能な場合は、これらを選択しても良い。

各プレイヤーがアクションを終えた後、ディーラーがホールカードを表向きにする。

ディーラーはハンドが16以下の場合はヒット、17以上の場合はスタンドをしなくてないけない。

ディーラーのハンドが17以上(バーストを含む)になれば、プレイヤーのハンドと比べ勝敗を決する。

1.ディーラーがブラックジャックの場合
ブラックジャック以外のハンドのベットは没収され、ブラックジャックのハンドはイーブンマネーを選択していればオリジナルベットと同額の配当を受ける。インシュアランスにベットしたプレイヤーにはオリジナルベットと同額の配当を受ける。
2.ディーラーがバーストを除くブラックジャック以外の場合
ブラックジャックのハンドにはオリジナルベットの1.5倍の配当、その他ディーラーに勝利したプレイヤーハンドにはベット額と同額の配当を受け、敗北したハンドのベットは没収される。
3.ディーラーがバーストした場合
バーストしていないハンドにはベット額と同額の配当を受け、バーストしたハンドのベットは没収される。

プレイヤーへの清算が終了し、テーブル上のカードが回収される。

ディーラーが再び「Place your bets(賭けをしてください)」と宣言し次ゲームが開始する。