アジア最大カジノ産業総合展示会に日本企業が多数出展

 

日本でのカジノ解禁を見据えての動きか

グローバルゲーミングエキスポアジア

3年前と比べ5~10倍の日本企業が出展

2015年5月19~21日、マカオでアジア最大級のカジノ産業総合展示会「グローバルゲーミングエキスポアジア(G2EA)」が開催された。

昨今、日本国内でもカジノ解禁の機運が強まっていることが影響し、3年前には1~2社の出展しかなかったが、本年度は約10社が出展した。

他国のものと比べ、エンターテインメント性や品質が高いことを強みとして、アピールした。

セガサミークリエイションは、同展示会に今年で2度目の出展となった。

同社は、2015年3月にマカオ政府からカジノ機器設置の認可を取得し、5月には早速マカオでは初めての機器導入を控えている。

ゲーム内容やデザインなど、中国人に受け入れられやすいように現地の文化を存分に取り込んで開発したとのこと。

その他にも、すでに海外展開しているアルゼゲーミングは新型ルーレットマシン、海外カジノ事業が順調なコナミは派手なスロットマシン、紙幣鑑別機世界シェアトップの日本金銭機械も出展していた。

カジノ法案の成立が実現していれば、さらに多くの日本企業の出展があっただろう。

日本カジノ情報(JCI)のコメント

まだまだカジノ法案自体は、審議入り・成立ともに今後の行方は不透明だが、こうした企業の積極的な動きは少なからず後押しになるだろう。

さらに言えば、企業だけでなく、地方からも積極的な動きがあると尚良いのだが。。橋下氏の引退は、正直痛いと言わざるを得ない。

しかし、今回の都構想の住民投票の結果から、若い世代のカジノ・IRに対する意識がそれほど悪いものではないということがわかったのもまた事実だ。

トップダウンで、つまり政府が主導してスピーディに進めることができればそれが一番早いのだろうが、これまでの流れを見ていると、それはあまり期待できない。

地方から、企業から、国民から、ボトムアップ的な働きかけが重要になってくることは間違いないといえる。

下部にコメント欄があるので皆さまからもばしばし意見をよせていただきたいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。