【摘発】全国初ロボットディーラーを使った闇バカラ【闇カジノ】

   2015/04/22

続報→歌舞伎町闇カジノ「アトム」摘発から広がる波紋

ロボットディーラーを使った違法バカラ店が全国初摘発

バカラロボットディーラー

ロボットとタッチパネルを使ったバカラ

東京都新宿歌舞伎町でロボットディーラーを使った違法カジノ店「アトム」が摘発された。

警視庁保安課は、常習賭博容疑で、いずれも東京都新宿区歌舞伎町のバカラ賭博店「アトム」従業員、佐藤雄一容疑者(31)=住所不定=と笠(りゅう)真実容疑者(38)=江東区亀戸=を逮捕した。

その他にも大学生の男を含む5人も逮捕されたが、容疑を認め釈放されている。

同店では、ロボットディーラー1台と、タッチパネル15台を設置し、客にバカラをさせていた。

 

カジノ誘致と闇カジノ

現在日本では、超党派で形成されるIR議連がカジノ合法化を目指し、国会にも法案審議を求めているが、難航している状態だ。

このような事件が起こると、カジノに対する悪いイメージが国民に焼きつけられるので、さらに逆風が強くなるおそれもある。

闇カジノは暴力団によって経営され、その資金源にもなっていることが多い。店長やオーナーという名目で今回のように逮捕者はでるが、所詮末端なので、本質的な解決にはならないが、地道に進めていくほかない。

さらに、今回驚くべきは、「ロボットディーラー」が使用されていたことにもある。このニュースで初めてその存在を知った方がほとんどだろう。台湾製の最新式ロボットディーラーで、客はタッチパネルを使って賭博に興じるというから、驚くべきハイテクである。

そして、実際にカジノが合法化されたとき、このような違法カジノ店はどうなるのだろうか?

つぶれるのか?いや、そうではない。むしろ増える可能性もある。

というのも、現在日本国内でカジノの認知は低く、実際にプレイしたことのある人はあまりいない。そこで、日本にカジノができたら、カジノの認知があがり、精神的なハードルがさがり、興味を持つ人が増えるだろう。

つまり、カジノに対するニーズが増えるのである。

例えば、大阪にカジノができたとしよう。

東京に住んでいるが、カジノをしたい。でも、大阪はすぐにいける距離ではない。歌舞伎町にカジノができる店があるらしい。

大半は逮捕されることの恐怖感で行かないだろうが、一定数自制心があまり効かない人はいる。

ニーズがあれば、提供者が増える。やり方もより巧妙になる。取り締まりは一層難しくなるだろう。

日本カジノ情報(JCI)のコメント

闇カジノは違法なものとは皆様しっているでしょう。実際今回逮捕された大学生も知っていたでしょう。

改めて言います。

闇カジノは違法です。

有名な「日本カジノスクール」の校訓は

絶対闇カジノには行かないこと

軽い気持ちで、武勇伝であるかのように闇カジノに行ったことを語る人、語る記事もありますが、絶対行ってはいけません。

記事ページにコメント欄がありますので皆様からもばしばし意見をよせていただきたいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    ピースの後、佐々木健太てどこでカジノしてんの?

この記事へのコメントはこちら

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。