【官邸】日本再考戦略にカジノ・IRが盛り込まれる

 

素案は首相官邸のホームページにて公表

首相官邸

国民的議論を踏まえ、関係省庁にて検討

2015年6月22日、政府が産業競争力会議にてまとめた「日本再考戦略」の素案で、カジノ含む統合型リゾート(IR)についても触れられた。

首相官邸のホームページで公表された素案には次のように示された。

・外国人観光客の積極的取り込みの一環

・犯罪防止、治安維持など制度上の措置も必要

・カジノ法案の状況や、IRに関する国民的議論を踏まえ、関係省庁にて検討を進める

現状、カジノ法案は国会へ再提出はされたものの、安保法案関連の混乱などに押され、まだ審議入りできていない状態。

しかし、9月下旬までの大幅な会期延長、そして本記事冒頭でも記載の通り、日本再考戦略素案にIRが含まれたことで、今国会(2015年度)での成立の可能性が強まったとの見方もある。

 

日本カジノ情報(JCI)のコメント

カジノ法案に、少しばかりではあるが追い風が吹いてきたように感じる。

しかし、この報道の翌日23日、市場の反応としては、コナミが上昇したものの、日本金銭機械・オーイズミ・くろがね工作所・フィールズ・テックファームなど、主要カジノ関連銘柄には目立った変化はなく、まだまだ期待度は低いと見られる。

下部にコメント欄があるので皆さまからもばしばし意見をよせていただきたいです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。